院長コラム column

大阪桐蔭アスレチック カンファレンス2019

「大阪桐蔭アスレチック カンファレンス2019」

皆様、はじめまして。 ゆうき内科・スポーツ内科 院長 たなか ゆうきと申します。 12月2日に京阪枚方市駅前 枚方ビオルネ 4階にて開院いたしました。皆様のスポーツ内科的疾患に対する予防と治療を行い同時に情報発信も積極的にしていくつもりです。 何卒よろしくお願いいたします。

さて12月1日(日)大阪桐蔭高等学校で実施されました「大阪桐蔭アスレチック カンファレンス2019(今年が初めての開催らしいです)」で講演をしてきましたのでリポートします。

これは大阪桐蔭高等学校陸上部が主催しており「指導理論を学ぶことにより指導力の向上」を図り、また「医学的 栄養的視点にも着目し陸上競技を深めていこう」という積極的かつ斬新な企画です。

会場には中学校、高等学校の陸上部指導者や在校生の保護者が多数駆けつけており、皆さんそれぞれに熱く耳を傾けていました。

スポーツ栄養士によるアスリート向けの栄養講座、私は参加出来なかったのですがグラウンドでの実践指導もあり大変盛り沢山の内容でした。関係者の話によると今後、継続して開催されるとの事です。

選手達の技術向上だけではなく『医学的な視点』にも着目し『心技体』全てをバランス良く育てていこうとする大阪桐蔭高等学校コーチ陣の取り組みは称賛すべき事だと思います。当クリニックとしましても、このような取り組みに対して全力でサポートし、選手達のパフォーマンス向上に尽力していきたいと思います。

このコラムでは今後、内科的な視点からの健康に対する情報、現場で感じたあれこれを発信していく予定です。

お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。